高円寺K'Sスタジオ

Koenji K's Studio since2015

studio_logo1.jpg
 

高円寺K'sスタジオについて

「高円寺K’sスタジオ」は、演劇人のためのスタジオです。俳優、演出家、制作者、技術者、講師、演劇に関わる全ての人をターゲットとした、演劇公演や試演のための劇場、稽古場の提供、ワークショップの拠点、発表会、さらには交流会を含むミーティング場所の提供を行います。コンセプトは「演劇人の出逢いと集い」です。

 私は何かを生み出すには、一にも二にも「人」が大事だと思ってきました。その気持ちは今も変わりありません。しかし、何かを生み出すための「場所」、生み出したものを発表する「場所」、「人」と「人」とが出会う場所など、「人」と同じくらい「場所」というものも重要だということが最近わかってきました。

 私たち演劇人は、演劇活動をするために必ず場所が必要です。しかし、公民館など公の施設は値段が安い代わりに制約も多く、いつも同じ場所を確保することが難しいという現状があります。

 

 演劇活動が一人ではできない以上、何かを創り出す時、私たちには必ず仲間がいます。その仲間同士が、気軽に集まり、基礎稽古をしたり、誰かが見つけてきた面白い戯曲を読んだり、講師を呼んで自分たちのためのワークショップをしたり、打ち上げをしたりできるスペースを作りたいと思ったのがきっかけでした。

演劇人同士の出逢いがあり、面白いアイディアが生まれる

(交流会)

そのアイディアを試す

(ミーティング、稽古)

そのアイディアを形にしたものを発表する

(上演)

観客と出会う

(フィードバック、打ち上げ、親睦会)

 

スタジオは防音性の優れた地下室でありながら、常に二基の換気扇が稼働していて空気が澱まないようになっています。内装に関しては、床は体を動かしても膝を痛めない二重床、壁は石膏ボードの上から白のクロスを張り、音が反響せず、清潔で広々とした空間を作ります。内装をシンプルにすることで、自由にイメージが膨らませるようになっています。

高円寺は座・高円寺をはじめ近隣に小劇場もたくさんある演劇の盛んな街です。また演劇以外のサブカルチャーも人気で新宿から8分という利便性の高い立地となっています。

スタジオの広さは全体で67平方メートル+倉庫です。トイレやキッチンを除いて、純粋なアクティングエリアとして利用できる空間は8メートル×7メートルほどです。これはザ・スズナリや中野ザ・ポケットの舞台面がすっぽりと入る広さです。

また、すべての照明はLED蛍光灯となっており、環境に優しいスタジオです。

 「高円寺K’sスタジオ」はアーティストによるシェアスタジオであり、非営利目的です。したがって通常の貸しスタジオのような経営はしません。演劇人に場所を提供し、そこに人が会することによって、何か面白い企画などが自然発生的にプロデュースされてくれることがこのスタジオの願いです。